レンダリングに特化したサーバーの存在

今まで数時間かけていたレンダリング作業がたったの数分で終わる夢のサービスであるクラウドレンダリングサービス。
こちらはレンダリング専用のGPUサーバーを利用することで、今までCPUベースでレンダリングしていたスピードの数百倍から数千倍の速度を実現することが出来るのです。
このサービスを利用することによって、単純に作業が早くなるだけでなく他の作業のその分のマンパワーを使うことが出来るというメリットもあります。

このようなクラウドレンダリングサービスを利用するときに気をつけたいのがどれくらいのクオリティを持つサーバーを有しているかということです。
クラウドレンダリングサービスはウェブ上でサービスを完了させるサービスのためサーバーのクオリティがそのままサービスのクオリティに直結します。

Render Poolは1,000台以上の高性能GPUサーバーを利用しているため選ばれていると言われています。
このサーバーは全てレンダリング専用に開発されているため、レンダリングの作業効率が特化しているのです。
さらに、こちらは24時間どのような場所でも、どのようなプロジェクトの大きさでも利用することが出来るため非常にフレキシブルな対応ができるサービスだということが出来るでしょう。