事業戦略に注目して企業を選ぶ

就活生にとって、これからの進路をどうするかは死活問題でしょう。
車業界に就職したいと思われている方も、なんとなく名の知れた大手のほうが良いと考えているのではないでしょうか。
しかし、大手だからといって未来永劫大丈夫というわけではありません。
ここ数年、リコールなどで痛手を被っている企業も少なくなく、就職先は慎重に決める必要があります。
まず重要なポイントが事業戦略と経営方針です。
外資系自動車部品メーカーのボッシュ・ジャパンは、今後アジアでの事業拡大を狙っています。
まずローカライズを、そしてグローバル製品のプラットフォーム作りを目指しています。
ボッシュ・ジャパンは、外資系の中でもトップクラスで、数々の製品を世に送り出してきた企業です。
今後の課題として、ガソリン車・ディーゼル車の燃費30%カット、IoT(モノのインターネット化)を目指しています。
燃費30%カットは、生半可なイノベーションで実現できるものではありません。
そこで、研究開発費に巨額の資金を投入することを明言しています。
ボッシュに入社すれば、ヨーロッパはもちろん、アメリカ、アジアで活躍することもできます。
国内の車業界とは比較にならないチャンスがあるかもしれません。
就活生にとって、魅力的な事業戦略を提示してくれる外資系企業です。
新卒採用エントリーは、受付期間中なら採用サイトから可能です。